せっくすしたい がいじん おはあちゃん 裏さいと

ずっと「女」であり続けている人ならパートナーがいるいないに関係なくセフレがいたらいいなぁ…なんて思ったことはみんな経験しているでしょう。
必ず結婚についてを互いに期待すべきではない、寂しい時にHできる、愚痴などは決して言わない。
そういう感じの性欲だけを満たしてくれる男の人。
私自身長きにわたり関係を持ち続けた体だけの相手がおりました。
それ以上求める事は両者とも言わないように心掛け、この男性と一緒にいるときはとても満たされた。
友人関係の面で悩みがある時、心細い時いつも頼りになる男性でしたね。
なんとなく性欲を満たしてくれる相手とは一緒に居て満足するのかもと思うでしょう。
自分にとって1番の存在ではなく、あくまでもエッチするだけの相手。だからこそ、詮索しない等々・・・が大切ですよね。
とはいっても、ほとんどの女からすると抱かれた男性に対し恋してしまうケースは実際あるのです。
都合の良い相手に本気になった、それを受け入れようとすることは難しいのです。
とはいっても、本当は頭の中が彼の事でいっぱいになっていた…そのようなケースの妻は少なからずいます。
とはいっても、これまでずっとエッチするだけの関係、そう思っていた相手と遊びじゃなく交際を始めるということは割と面倒だと思います。
そこでセックスするだけの相手に付き合いたいと思わせるにはどうアプローチしたらいいのか、いくつか挙げてみます。

■私たち二人ってぴったりの相性ですよね

その親密度がボーイフレンド・ガールフレンドと変わらないようでしたら
「私とあなたってかなり相性抜群だよね」「なんで今までお付き合いしなかったのか不思議だよね?」というように関係性について触れてみましょう。
相手の男性もあなたと同じことを考えているなら「じゃ俺の彼女になる?」という返答がもらえるかもしれません。
ポイントは重くならずふざけながら口にすることが重要です。

■覚悟を決めて聞いてみましょう

直接「前からあなたのこと男として良いなって感じてるんだけどあなたは私の事を何て思っている?」と確認してみてもいいでしょう。
もし彼がひきつった笑顔だったら交際へ発展することは難しいです。
仮に男性のリアクションが好意的である場合流れに任せてお付き合いしてみない?と提案すると、かなりの確率で上手くいきますよ。
持っているとセックスが楽しくなる友好関係のセフレかもしれませんが、多少の感想が合うかどうかの確認は必須なものとなります。
意思疎通の確認の仕方は多種多様に存在しますが、手軽で簡単な方法は、メールを使ったものでしょう。
メールを交わし合っている際の重要な点は雰囲気づくりをすることです。
セフレを求めている男性の中には、メールで会話を始めたばかりの時から露骨にセフレに引き入れるメールを送ってくる人もいますが、これは駄目です。
セフレサイトに居る女性だと言っても、一般女性と同じく照れている気持ちもあるはずです。
なおかつ、出会ったばかりの頃から相手の事を考えていないような男性に対し、訝しげな気持ちを感じる女性も多くなっているのでご注意された方がいいでしょう。
メールを交換する際は、遠慮がちに思われるような場の流れを作ることが土台になります。
初めになんともない話題や評判を呼んでいるニュース、人気のあるものをあげ、少しずつ間を縮めていきましょう。
何回もメール交換を反復して、満足な理解し合うことができてから、セックスの内容がある話題に導入していきます。
そんな風になった頃には、とても良い信頼を持った関係が築くことができているはずです。
そんなムードが流れる頃には、相手をしてくれる女の子が望まないような返事を返すようなことはないので、考えてるままに話してみてください。
セフレを作りたい時は、ストレートではないような方法か第一の最短距離となっています。
簡単すぎる方法を得ようとしている時点で、セフレ関係の交友は作ることができないでしょう。