せっくす ひとづま であえるサイト

長年にわたり「女」で生きているとお互いのプライベートに踏み込まないセフレを探したい…と頭をよぎったことは男性のみならず女性でもあることです。
特別結婚については双方とも求めるべきではない、寂しい時に一緒に居てくれて、あとあと面倒くさくなることは口にしない。
そんな感じの良いとこどりの男。
実は筆者自身長期間一緒にいた自分の性欲を満たしてくれる相手がいました…。
必要以上求める事は互いに言わなかったので、隣にいて安心感があった。
ブルーな時、話を聞いてほしい時、一人で居たくない時頼ることができた人でした。
言わずもがな都合の良い相手とは一緒に居てホッとするのかもしれません。
妻・夫の関係ではなく、所詮欲求をみたしてくれる相手。だからこそ、必要以上に要求しない事が大事ですよね。
とはいっても、一般的に女からするとHした方にセフレ以上になりたいと思うケースは本当の所あります。
セックスするだけの相手に恋してしまった、そう受け入れる事はかなりつらい事です。
だけれども、自覚するのは怖いけど恋してしまった…そのようなケースの妻はとても多いです。
けれども、長きにわたり欲求をみたしてくれる関係、そう思っていた相手と恋人として交際することはずいぶん険しい道のりだと思われます。
なのでセックスフレンドと恋人関係になるにはどうするべきかと考えてみたんです。

■私たち一緒に居てかなり相性抜群だと思うよ

この間柄が彼氏彼女と変わらなければ
「私とあなたってめちゃめちゃ相性良いよね」「逆になんで今まで付き合わなかったのかが不思議だよ」という感じでそれとなく関係性について言及してください。
お相手もあなたと同じように考えているなら「じゃ付き合おっか?」という感じの返事がもらえるかもしれませんね。
あくまでもにこにこしながら冗談みたいに軽く言うことが重要です。

■勇気を振り絞って質問してみる

正直に「私ね、あなたのことが私にとって特別な人で…良いなって感じてるんだけどあたしに対してどういうふうに思っている?」と聞いてみるのです。
万が一彼の表情が微妙ならお付き合いすることは難しいと思います。
もしも表情が良かったら笑顔で交際してみない?というセリフを言ったらだいたいは成功しますよ。
楽しいセックスのために持ちたい間柄のセフレだと思われていますが、多少ではあっても相性の確認は必須なものとなります。
気持ちが一致するかどうかの確認のやり方としてはさまざま存在しているようですが、いつでも簡単にできる方法は、メールを使ってみるものでしょう。
メール交換中の糸口はちゃんとした流れです。
セフレ目的の男性の中には、一番初めのメールから下心が見え見えのセフレに誘い出すメールを送信しているのを聞きますが、これは良くないことです。
セフレサイトに居て相手を探している女性と言っても、少しは照れる心は持っています。
さらに、初めから目的だけを話そうとする男性に対し、用心する心を感じ取る女性も多く見られますのでご注意された方がいいでしょう。
メールを交わすときは、堅実なプロセスを作ることがポイントとなります。
始めにはなんともない話題や新鮮味のあるニュース、流行っているようなものをあげ、距離を短くしていきましょう。
幾度となくメールのやり取りを行って、相手も納得する理解し合うことができてから、セックスをするという話にタッチします。
そうなった頃には、好ましい信頼のある関係が形作ることができているはずです。
そう言ったムードになった頃には、メールをしている女の子が良く思っていないような応答をすることはないので、正直に会話をするようにしてみてください。
セフレを作ろうとすることは、回りくどくすることが第一の早道のようになります。
苦労なくできる方法を使おうとしているようでは、セックスフレンドのような関係は作れる可能性は低いでしょう。