やりこん サークル

生まれてこの方「女」としてやっているとお互いのプライベートに踏み込まないセフレが欲しくてたまらない…と思ったことはほとんどの女性があるものです。
原則として結婚して欲しいなどを互いに求めるべきではない、寂しい時に抱いてくれて、あとあと面倒くさくなることは口にすべきではない。
そんな感じの良いとこどりの間柄。
実をいうと筆者自身数年前まで長年、関係を持ち続けた性欲を満たしてくれる相手がいたんです。
あとあと面倒くさくなることは二人とも口に出さず、その人と居るときは心地よかった。
人間関係の面で悩んでいる時、孤独を感じた時とても頼りになる相手でしたね。
実際にエッチだけの関係の人とは一緒に居て気が休まるかもと思いました。
相手にとって1番の存在ではなく、ただのエッチするだけの相手。それだから、期待しないという気持ちが大切です。
けれども、実際女からすると抱かれた人にお付き合いしたいと思うことが事実あります。
都合の良い相手を愛してしまった、と受け入れる事はかなりつらいのです。
けれども、そうなるはずじゃなかったのに好きになっていた…そういう経験をした女は多いでしょう。
しかし、長期間ずっとただのセックス相手、そう思っていた相手と本格的に恋人関係になることはなかなか厳しいと思います。
願わくばセックスするだけの相手を虜にさせるにはには何と言ったら効果的かと考えてみたんです。

■私たちってさぁ~すごい相性抜群ですよね

その築いてきた関係性が付き合っているのとなんら変わらないのであれば、
「私たち一緒に居てぴったりの相性だと思わない?」「なぜ今まで付き合わなかったのか不思議」という感じで関係性について言ってみましょう。
その相手も同じように思っているなら「じゃ付き合ってよ?」みたいな答えが返ってくるでしょう。
そしてまた笑顔で可愛らしく言う事。このやりとりが大事なんです。

■勇気を振り絞って質問してみる

ダイレクトに「私ずっとあなたのこと一人の男として意識してて、良いなって感じてた。私について何て思っている?」と確認してもいいでしょう。
万が一彼が苦笑いでしたらお付き合いすることは期待できないでしょう。
その時の彼からの返答が好意的である場合可愛く付き合ってみない?というセリフを言うとだいたいは上手くいくと思います。
楽しいセックスをするために持っておく係わりのセフレと思っていても、それなりだとしても相性の確認は不可欠です。
二人の意見が合致しているかどうかのメソッドは多角的に見られますが、一番しやすい方法は、メールが主体となるものでしょう。
メールを交換する時のコツはきちんとした流れです。
セフレを作りたいと思っている男性の中には、メールで会話を始めたばかりの時から下心が透けて見えるほどのセフレにしようと丸め込むメールを送信している人がいますが、これは駄目です。
セフレサイトの利用者である女性だとしても、多かれ少なかれ恥ずかしさを感じることはあります。
加えて、知り合って間もなくから手を出してくる男性に対し、疑う気持ちを持つという女性も多く見られますので注意することが必要です。
メールのやり取りは、手堅い感じの雰囲気を作ることが大切になります。
会話の発端にはありがちな話題や時事ネタ、トレンドのものをあげ、ゆっくり接近していくようにしましょう。
頻繁にメール交換を重ねて、相手も納得する相互理解が深められてから、セックスの話題に言及します。
そうなるような頃には、優れた信頼のある関係が形作ることができるはずです。
そう言った雰囲気が漂い始めた頃には、気になる女性が愉快でないレスポンスを返すことはないので、率直に話をするようにしてみてください。
セフレを作ろうとすることは、回りくどくすることが最上の早道のようになります。
簡単に終わるような方法を見付けているようでは、セフレという関係は作れない可能性が高いでしょう。