やりもく サクラなし 出会いサイト

女子として生まれて「女」であり続けていると自分の性欲を満たしてくれる相手が居たって構わないよね…なんて思ったことは誰もが一度くらいあることです。
二人の決め事で自分が1番でありたいなどは両者とも期待すべきではない、寂しい時に必要として、わずらわしいことは決して言わない。
そんな感じの気を使わなくてもいい関係。
実をいうと筆者自身長い間会いたい時だけ会っていたセックス相手がいたんです。
この関係が崩れるようなことは両者とも言わないので、この人のそばにいると気が安らいだ。
家族の事でへこんだ時一人になりたくない時とても頼りになる男の人でした。
事実、セックスだけの関係の人とは一緒に居て満足するのかもしれないですよね。
彼氏彼女の関係ではなく、あくまでもセックスするだけの男性こういったものは、必要以上の詮索をしない事が必要ですね。
だけど、一般的に女の実態は一線を越えた男に恋に落ちてしまうことが事実あるものです。
エッチするだけの男性を愛してしまった、そう納得する事は難しいでしょう。
それでも、感情が抑えきれず頭の中が彼の事でいっぱいになっていた…そんなパターンの女の子は少なからずいます。
でも、長い間ずっとただのH相手、そう思っていた彼とちゃんとお付き合いすることはとても難しいと思われます。
という訳で都合の良い相手が振り向いてくれる手段はないのか、いくつか方法を考えてみました。

■あたしたちってすべての相性がぴったりですよね

あなたたちの結びつきが恋人のように変わらないと感じていたら、
「私たち一緒に居て相性ぴったりだよね」「むしろなんで今まで付き合わなかったのか不思議じゃない?」というふうになんとなく関係性について言ってみましょう。
その相手も同じく思っていると「これから俺と付き合う?」という返事がもらえるかもしれませんね。
そしてまた微笑みながら冗談のように軽く言うことを忘れないでください。

■勇気を振り絞って聞いてみるパターン

真っ向勝負で「私ね、ずっとあなたのことが私にとって特別な存在で…良いなって感じてるの。あなたは私について特別な存在だと思っている?」と聞いてみてもいいでしょう。
万が一彼の反応が微妙だとすると交際に至ることは難しいです。
そこで彼の答えが良かったら私と付き合ってみよう?というセリフを言うことで結構な確率で成功するでしょう。
セックスを楽しいものにするために持ちたい関わり合いのセフレだと思われていますが、多少ではあっても相性の診断は必須となります。
意思疎通の確認方法としてはたくさん見られますが、最も手軽な方法は、メールを主体にしたものでしょう。
メールを交わす際の特筆すべきところは綺麗な順序です。
セフレ目的の男性の中には、一番初めのメールから露骨な言い方でセフレに誘い出すメールを送ってくる人もいますが、これは好ましくありません。
セフレサイトで出会った女性とはいっても、多少であっても照れている気持ちもあるはずです。
重ねて、最初のうちから目的だけを話そうとする男性に対し、怪しむ心を感じる女性も多くなっているので注意した方がいいでしょう。
メールをやり取りするときは、安心できるような内容にすることが基本となるようです。
まず第一に良く見られる話題や評判を呼んでいるニュース、流行っているものをあげ、ちょっとずつ距離を狭めていきましょう。
何往復もメールでの会話を繰り返して、文句なしの意志疎通が上手くできてから、セックスの内容がある話題にタッチします。
そんな話ができるようになった頃には、良い感じの信頼のある関係が形成できているはずです。
そんな関係になった頃には、相手の女性が愉快でない返事を返すようなことはないので、そのままに会話に組み込むようにしてみてください。
セフレの関係を作るときは、遠回しの方法の方がなによりの最短距離となっています。
苦労をしなくても良いような方法を使おうとしている時点で、セフレになってくれるような女の子は作れやしないでしょう。