やりもく 50代 人づま sns

長年にわたり「女」として生活していると体目的の相手が居ると満たされるのに…なんて想像することはほとんどの人があるものです。
二人の決め事で私生活に関しては両者とも期待せず、寂しい時に一緒に居てくれて、この関係が崩れるようなことは口にしない。
ものすごくデメリットがない仲。
実をいうと筆者自身数年前まで一緒にいた都合のいいセフレが存在してました。
この関係を発展させることを互いに口にしないし、その人のそばにいるととても満足感があった。
気持ちが塞がった時、悩んでいる時、不安になった時頼りになった相手でした。
実際に性欲を満たしてくれる男性とは一緒に居てホッとするのかもと思っていました。
本命ではなく、単なる都合の良い相手。ですので、詮索しないようにすることが重要ですよね。
ですが、大多数の女の心のうちではエッチした相手に対し彼女になりたいと思うパターンが実はあります。
セックスするだけの相手に恋心を抱いた、それに気づかないようにするのはかなりつらいでしょう。
それなのに、そうなるはずじゃなかったのに愛してしまった…そのようなケースの奥さんは多いと考えられます。
けれども、これまでずっとただの体だけの関係、そう思っていた男性と遊び抜きでお付き合いするということはかなり難しく感じるでしょう。
どうにか欲求をみたしてくれる相手を自分のものにするには何と言ったら効果的か、いくつか考えてみました。

■私たちってさぁ~すべての相性がぴったりだと思う

その距離感がまるで恋人となんら変わらないのであれば、
「私とあなたってすごい相性良いよね」「逆になんでこれまで付き合わなかったのか不思議だよね?」というふうに関係性について言及してみてください。
相手の男性もあなたと同じふうに思っていると「じゃ俺の彼女になる?」なんて返答が聞けるかも。
そしてまたにこにこしながらふざけあいながら言う事。これを忘れずに。

■意を決して聞いてみるパターン

正直に「私前からあなたのことすごい良いなぁって感じてるんだけど私自身を特別な女だと思っている?」と確認してもいいでしょう。
もしも男性の表情が微妙になるとお付き合いすることは期待できないと思います。
言った時の彼の反応が良いのであれば可愛くお付き合いしてみない?と言ってみるとおおかた上手くいくでしょう。
楽しいセックスを満喫したい人が持つ繋がりのセフレかもしれませんが、少しばかりでも気持ちの確認は不可欠です。
気持ちが一致するかどうかのメソッドは多々知ることができますが、簡単にできる方法は、メールを使ってみるものでしょう。
メールを交わす時の手掛かりは場の流れを作ることです。
セフレを希望している男の人の中には、メールで会話を始めたばかりの時から露骨にセフレに誘い出すメールを送信しているのを聞きますが、これは好ましくありません。
セフレサイトを利用している女性だとしても、多かれ少なかれ照れる心は持っています。
それに、コンタクトを取ってすぐから深入りしてくる男性に対し、怪しむ心を感じてしまう女性もたくさんいるようですので注意することを心がけましょう。
メール交換の際は、引かれないようなプロセスを作ることが基本となるようです。
第一に月並みな話題や時事ネタなニュース、流行に沿ったものをあげ、少しずつ間隔を狭めていきましょう。
幾度もメールのやり取りを行って、文句のない気持ちのやり取りができてから、セックスに関する話題に導入していきます。
そんな頃には、優れた信頼のあふれる関係が築くことができているはずです。
そう言った関係になった頃には、メールをしている女の子が嫌々感じているような受け答えをすることはないので、気軽に話をするようにしてみてください。
セフレに巡り会いたい時は、湾曲的な方法の方がこれ以上ない近道のようになります。
簡単すぎる方法を使おうとしている時点で、セフレのような存在は作るのは難しいでしょう。