スワッピング 熟年 sns

長い間「女」で生きているとお互いのプライベートに踏み込まないセフレが居てもいいよね…なんて想像することは誰もが一度くらいあることです。
可能な限り私生活に関しては両者ともに求めちゃダメ、寂しい時にそばにいてくれて、厄介になる事は言わない事。
こんな都合のいい相手。
実は私も長きにわたり過ごした性欲を満たしてくれる男性がいたんです。
2人の関係が面倒になるようなことは二人とも言わず、この男性と一緒にいるときは心地よかった。
彼氏の事で意見を聞きたいとき、不安な時頼ることができた男の人でした。
当然欲求を満たしてくれる相手とは一緒に居て満足するのかもと思いました。
相手にとって1番の存在ではなく、あくまでも都合の良い男性。なので、必要以上に要求しない事が大切ですよね。
とはいっても、大抵の女性の心のうちでは体の関係になったお相手に特別な感情を抱くパターンがあるのです。
エッチするだけの男性に恋してしまった、それを受け入れようとすることは難しいでしょう。
それでも、本当は恋してしまった…そういう主婦は実に多いです。
でも、長きにわたり都合が良い関係だった男の人とパートナーとして恋愛を始めるということはすごく面倒だと思います。
そこで都合の良い男性とカップルになる手段はないのか、いくつか方法を考えてみました。

■私たちはめちゃめちゃ相性ぴったりだと思わない?

お互いの結びつきが恋人のように変わらないのでしたら
「私とあなたってぴったりの相性だと思わない?」「逆になんでお付き合いしなかったのか不思議だよね?」というふうに関係性について言及してみるのです。
男性もそういうふうに思っているなら「じゃ俺の女になる?」みたいな返答が聞けるかもしれません。
ポイントは真顔ではなくふざけつつ言う事。この表現を忘れずに。

■勇気を出して聞く

思い切って「前からあなたのことすごい良いなぁって思ってるの。私に対してどう考えている?」と聞いてみましょう。
仮に彼の表情があいまいなら交際まで持っていくことは難しいでしょう。
もしも彼からの返答が好意的であれば一度お付き合いしてみる?というセリフを言ったら大抵の場合結果になります。
楽しいセックスをするために持っておくような関係のセフレであったとしても、多少ではあっても気持ちの疎通は必要であるでしょう。
二人の意見が合致しているかどうかの確認をするための方法は多く存在しているのですが、ラクちんな方法は、メールを主体にしたものでしょう。
メールを取り交わす時の手掛かりはきちんとした流れです。
セフレが欲しい男性の中には、一番初めのメールから見え透いているセフレに誘い出すメールを送信しているという噂を聞きますが、これは好ましくありません。
セフレサイトを利用している女性であったとしても、多少の差はあれど照れている気持ちもあるはずです。
かつ、出会って間もないうちに自分の事だけを考える男性に対し、疑心暗鬼の心を感知する女性も多くなっているので注意することをお勧めします。
メールを交換している時は、ソフトな空気にすることが基軸となります。
なにはともあれありふれている話題や新しいトピック、流行に沿ったものをあげ、少しずつ接近していきましょう。
頻繁にメール交換を重ねて、文句なしの相互理解が深められてから、セックスに関係している内容に言及します。
そこまで行った頃には、まともな信頼をしてもらえるような関係が形作ることができているはずです。
そう言った関係になった頃には、向こうの女性が嫌悪感を感じるような答えをすることはないので、考えてるままに話題にしてみてください。
セフレを作ろうとすることは、ストレートではないような方法か何にも増しての最短距離となるのです。
手間がかからない方法を使おうとしているようでは、セフレになってくれるような女の子は作るのは絶望的でしょう。