セックスフレンド おはあちゃん Mこみゅ

ずっと「女」であり続けているとパートナーがいるいないに関係なくセフレが欲しくてたまらない…と頭をよぎったことは誰もが一度や二度くらいおありでしょう。
二人の決め事でお付き合いして欲しいなどは互いに口にしないこと、寂しい時にセックスできて、あとあと面倒くさくなることは決して言わない。
そういう感じの性欲だけを満たしてくれる男の人。
実をいうと筆者自身長期間関係を持ち続けたセックス相手がいました…。
必要以上求める事は二人で居るときには口にしないし、この人のそばにいるととても安心した。
仕事の面で悩みがあった時、心細くなった時いつも頼りになる人でしたね。
本当にセフレという関係は一緒に居て落ち着くかもしれないですね。
妻・夫の関係ではなく、結局は欲求をみたしてくれる相手。それは、求めすぎない事が大事ですよね。
でもね、ほとんどの女はセックスしてしまった男性に特別な感情を抱くパターンが実はあります。
都合の良い男性のすべてを手に入れたいと思った、それを受け入れようとすることはかなりつらいでしょう。
だけど、そうなるはずじゃなかったのに情が入ってしまった…という体験をした女性は多いでしょう。
とはいっても、長期間ただの体だけの関係、そう思っていた彼と改めて恋愛するということは相当困難だと思いますよね。
可能な限りエッチするだけの相手とカップルになるにはどうすればいいのかと考えてみましたよ。

■あなたと私ってすごい相性抜群だと思ってたんだ

双方の間柄が交際中のようになんら変わらないのなら、
「あたしたちはかなり相性抜群だよね」「逆になんで付き合わなかったのか不思議じゃない?」というようにそれとなく関係性について言及してみるのです。
その男性もそういうように感じていたら「じゃ付き合ってみる?」という感じの答えが返ってくるでしょう。
あくまでも重くならずふざけるように言う事。それを忘れずに。

■一か八かで質問してみましょう

思い切って「私ね、前からあなたのこと一人の男として意識してて、良いなって思ってるの。私に対してどういうふうに思っている?」と確認してもいいでしょう。
もしも男性が苦笑いだったらお付き合いすることは難しいです。
あくまでもリアクションが良い感じならば冗談ぽく付き合ってみよう?と提案すると、おおかた良い結果に終わります。
楽しいセックスのために持ちたい知り合い関係のセフレであったとしても、多少ではあっても性格や相性の確認は必要不可欠となります。
性格が合っているかどうかの確認の仕方は盛りだくさんに存在しているようですが、中でも手軽である方法は、メールを主体にしたものでしょう。
メールを交わす時の着眼点は場の流れを作ることです。
セフレを作りたいと思っている男性の中には、最初のメールを交わしたときから見るからに身体目的にセフレに誘いかけるメールを送信しているかもしれませんが、これはいけませんね。
女性がセフレサイトに居ると言っても、多かれ少なかれ恥ずかしさを感じることはあります。
さらに、あいさつしてすぐから接近してくる男性に対し、猜疑心を感じてしまう女性も多くなっているので注意することを心がけましょう。
メールをやり取りしている間は、引かれないような普通の会話の流れにすることが基本になります。
挨拶の次にはなんともない話題や時事ネタなニュース、流行っているようなものをあげ、距離を短くしていきましょう。
何べんもメール交換を重ねて、満足な理解し合うことができてから、セックスに関係する話に持って行きます。
そんな頃には、安心してもらえる信頼をしてもらえるような関係が形成できているはずです。
そう言ったムードになった頃には、セフレになりたい女性が望まないような言葉を返すようなことはないので、考えている通りに話をするようにしてみてください。
セフレの関係を作るときは、湾曲的な方法の方が何にも増しての近道となります。
簡単に終わるような方法を探そうとしている時点で、セフレになってくれるような女の子はできるまでに時間がかかりすぎるでしょう。