セフレ サクラなし 出会い系サイト

女子として生まれて「女」であれば体目的の相手が居たって構わないよね…と願ったことは誰もが一度や二度くらい経験あると思います。
理想としては自分が1番でありたいなどは二人とも期待しない事、寂しい時に寄り添ってくれて、あとあと面倒くさくなることは言わない事。
そういう感じの良いとこどりの男性。
実をいうと私自身長い間関係が続いたセックスだけを楽しめる相手が存在してました。
あとあと面倒くさくなることは両者とも口にしなかったので、側にいるとリラックスできた。
仕事のトラブルで誰かに聞いてほしい時、心細い時頼りになった方でした。
きっとセフレという関係は一緒に居て安心するのかもしれませんね。
夫ではなく、たかだか体だけの関係。この場合は、必要以上の詮索をしないようにすることが必要ですね。
とはいっても、一般的に女性の心はHした男に対しお付き合いしたいと思うケースが実際あるものです。
エッチするだけの男性に本気になった、と納得することは難しいのです。
理屈抜きで、実は愛してしまった…という経験をした主婦は少なからずいるでしょう。
将来的に今までただのセックス相手だったお相手とちゃんと付き合い始めることは意外と面倒だと感じます。
そんなわけでエッチするだけの男性を虜にさせるにはにはどのセリフを言うと効果的かと作戦を考えてみました。

■あたしたちってさぁ~ぴったりの相性だと思うんだ~

自分たちの親密度がカップルと変わらないのなら
「私たち一緒に居てかなり相性良いよね」「どうして付き合わなかったのか不思議」というふうになんとなく関係性について言及してみるのです。
相手の方もあなたと同じふうに思っているなら「じゃ付き合ってみる?」なんて返答が返ってくるかもしれませんね。
あと笑いを交えながらふざけあいながら言う事。それが大切なんです。

■腹をくくって聞く

思い切って「私ずっとあなたのこと特別な人として好きって思ってたんだけどあたしに対して何て思っている?」と聞いてみるのです。
万が一男性が微妙な表情ならこれ以上の発展は難しいでしょう。
もしも彼の返答が良い感じならば冗談ぽく交際してみよう?と提案してみると、大抵の場合上手くいきますよ。
セックスを楽しくするために持つ間のセフレと思いがちですが、多少ではあっても二人の意思疎通の確認は必要となります。
相性自体の確認をするための方法はたくさんあるのですが、簡単にできる方法は、メールでのアプローチでしょう。
メールの交換をしている時のコツはきちんとした流れです。
セフレとして付き合いたいと思っている男性の中には、最初のメールから見え透いているセフレに引き入れるメールを送信している人がいますが、これはNGなんです。
セフレサイトの利用者である女性だとしても、一般女性と同じく照れる心は持っています。
その上、最初のうちから自分の事だけを考える男性に対し、用心する心を感じ取る女性もたくさんいるのでご注意された方がいいでしょう。
メールをやり取りしている間は、堅実な場の流れにすることが土台になります。
始めには良く見られる話題やホットなトピック、流行っているものをあげ、ゆっくりと距離を縮めましょう。
こまめにメールのやり取りを行って、悪くない気持ちのやり取りができてから、セックスに関係する話に入っていくようにします。
そのような頃には、適正な信用をしてもらえる関係が形作ることができているはずです。
そのような雰囲気になった頃には、相手をしてくれる女の子が望まないような受け答えをすることはないので、そのままに話をするようにしてみてください。
セフレの関係を作るときは、意外と回りくどい方が最高の最短距離となっています。
手間がかからない方法を求めようとしている時点で、セフレの関係は作れない可能性が高いでしょう。