乱こう 70代 奥様 Mこみゅ

今まで「女」であればお互いのプライベートに踏み込まないセフレが欲しくてたまらない…なんて思ったことはほとんどの人がおありでしょう。
特段お付き合いしたいなどは両者ともに期待しちゃダメ、必要な時に頼れて、この関係を壊すようなことは口に出さない。
ものすごく良いとこどりの彼。
実は私も数年前まで寂しい時だけ会っていた自分の性欲を満たしてくれる相手がいたんですよ。
この関係を発展させることはどちらとも言わなかったので、隣にいると気が安らいだ。
人間関係の面で意見を聞きたいとき、つらい時頼りになる男の人でした。
事実、セックスだけの関係の人とは一緒に居て楽ちんなのかもしれないですよね。
恋人ではなく、たかだかエッチするだけの相手。これは、期待しないような間柄を維持するが必要ですね。
でもね、ほとんどの女性はなぜか一夜を共にした男に本気になることが事実あるものです。
セックスフレンドを好きになってしまった、それに気づかないようにするのは難しいでしょう。
とはいっても、そうなるはずじゃなかったのに好きになった…という経験をした子は多いと考えられます。
でも、長期間セックスフレンドだった男の方と人生のパートナーとして恋人関係になることはすごく難しく感じます。
なんとかして都合の良い相手を虜にさせるにはにはどうアプローチしたらいいのか、いくつか方法を考えてみました。

■私たち一緒に居てかなり相性抜群だと思う

お互いの親密度が交際中のように変わらないと感じていたら、
「あたしたちって相性抜群だよね」「なんでこれまでお付き合いしなかったんだろうね?」などそれとなく関係性について触れてみてください。
相手の方も同様に思っているなら「じゃ付き合おうよ?」みたいな返事が返ってくるかもしれません。
気を付ける事は微笑みながらさらっと言う事。この会話が大切なんです。

■腹を据えて聞いてみましょう

直接「私ね、前からあなたのこと男性として意識してて、良いなって感じてた。あなたは私についてどういうふうに思う?」と聞いてみます。
そこで彼の表情が微妙だったらお付き合いすることは難しいかも。
ここでリアクションが良いのであれば可愛く付き合ってみよう?と言ってみると大抵の場合上手くいくと思います。
楽しいセックスを満喫したい人が持つ知り合いのセフレと思っていても、少なからずの気の合う相手だという確認は必要不可欠となります。
相性確認の確認の仕方は多彩に聞かれますが、誰でもできる方法は、メールでのやり取りのものでしょう。
メールのやり取りをするときの糸口は雰囲気を合わせることです。
セフレになりたいと思っている男性の中には、最初のメールを交わしたときからムードもない言い方でセフレに呼び込むメールを送信している人がいますが、これはNGなことです。
女性がセフレサイトに居ると言っても、少々であれ照れている気持ちもあるはずです。
合わせて、あいさつしてすぐから手を出してくる男性に対し、用心する心を作ってしまう女性もたくさん存在していますのでご注意された方がいいでしょう。
メールを交換する際は、堅実な場の流れにすることがポイントとなります。
一番初めにはありふれた話題や新しいトピック、人気のあるものをあげ、少しずつ接近していきましょう。
何往復もメール交換を重ねて、お互い納得できるような理解を深めてからセックスのことに関してタッチしていくことにします。
そうなるような頃には、優れた信頼をしてもらえるような関係が築くことができるはずです。
そんな雰囲気が漂う頃には、向こうの女性が嫌悪感を感じるような返事を送ることはないので、考えてるままに話題として出してみてください。
セフレに早く会いたい時は、直接的ではない方法の方が何にも増しての早道となります。
短時間でできる方法を見付けている時点で、セフレという関係はできませんよ。