乱行 60代 人つま カカオトーク

女性として生まれて「女」であり続けている人ならセックスフレンドが居ると満たされるのに…なんて想像することは女性であれば誰しもあるんですよね。
可能な限りお付き合いして欲しいなどをどちらも求めるべきではない、寂しい時に抱いてくれて、2人の関係が面倒になるようなことは口にしない。
こんな感じの気を使わなくてもいいお相手。
私にも数年前まで長い間、一緒にいた性欲を満たしてくれる男性がいたのです。
この関係を発展させることは二人とも口に出さないように心掛け、一緒にいるととても安心した。
気持ちが塞がった時、へこんでいた時、つらくなった時頼りになった男の人でした。
なんとなく欲求を満たしてくれる相手とは一緒に居て飽きないかもしれませんね。
妻・夫の関係ではなく、たかだか性欲を満たしてくれる相手。こういうものは、必要以上に要求しないようにすることが大切ですよね。
けれども、大多数の女性の心のうちではエッチしたお相手に恋してしまうパターンは実際あるものです。
セックスフレンドに本気になってしまった、そう自覚することはかなりつらいでしょう。
でも、ある日突然好きになった…そんなケースのガールズは少なからずいます。
今後、ずっとただのセックス相手だった男の方と改めて恋愛を始めるということは割と困難だと思いますよね。
なんとかセックスフレンドとお付き合いするにはどうすべきか、いくつか考えてみました。

■あたしたちは相性がぴったりだと思ってたんだ

この感覚が彼氏彼女と変わらないようでしたら
「あたしたち二人ってぴったりの相性だと思わない?」「逆になんで今までお付き合いしなかったんだろうね?」という感じでそれとなく関係性について言ってみてください。
その男性もそのように思っていると「じゃ付き合おっか?」みたいな答えが聞けるかも。
気を付ける事は微笑みながらふざけあいながら言う事。こういう感じが大切です。

■ストレートに確認する

勇気を出して「私前々からあなたのこと男性として意識してて、良いなって思ってたんだけど私自身をどういうふうに思う?」と確認してもいいでしょう。
仮に男性が微妙な面持ちだとしたら交際へ発展することは難しいかも。
その時の彼の返答が良ければ私たちお付き合いしてみる?というセリフを言ったらだいたいは結果になります。
セックスを楽しくするために持つ関わり合いのセフレと思いがちですが、それなりに二人の意思疎通の確認は必要となります。
気持ちが合うかどうかの確認の仕方は多角的に存在しているのですが、中でも手軽である方法は、メールを使ってみるものでしょう。
メールを交わし合っている際のヒントは雰囲気を合わせることです。
セフレを希望している男の人の中には、初めてメールをした時からあからさまな言葉でセフレに口説くメールを送信しているかもしれませんが、これは駄目です。
セフレサイトを利用している女性であったとしても、少しは恥じらう気持ちがあるでしょう。
その上、出会って間もないうちに接近してくる男性に対し、怪しむ心を持つという女性もたくさんいるようですので注意することが大切です。
メールのやり取りは、ソフトな雰囲気にすることが支柱となります。
まず第一に日常的な話題や最近知ったニュース、人気のあるものをあげ、ちょっとずつ距離を狭めていきましょう。
何べんもメールでのやり取りを繰り返して、悪くない理解し合うことができてから、セックスに関しての話にタッチします。
そうなるような頃には、適正な信頼のあふれる関係が形成することができるはずです。
そんな雰囲気が漂う頃には、セフレになりたい女性が愉快でない回答をすることはないので、思うままに話題を出すようにしてみてください。
セフレを作りたい時は、持って回ったような方法が何にも増しての近道となります。
手抜きでもできる方法を得ようとしているようでは、セフレ関係の交友は作るのは難しいでしょう。