割切関係 60代 ひとづま 登録なし 出会い系サイト

生まれてこの方「女」であるとお互いのプライベートに踏み込まないセフレが欲しい…と頭をよぎったことはほとんどの人があることでしょう。
ルールとして結婚については二人の間で求めてはいけない、寂しい時にHできる、文句などは口にしてはいけない。
めちゃくちゃデメリットがない相手。
私にも長い間公にしていませんがセックスフレンドがいました…。
わずらわしいことは互いに口に出さず、隣にいると気が安らいだ。
将来の事でへこんだ時つらい時頼れる相手でした。
明らかにセックスだけの関係の人とは一緒に居て飽きないかもしれないですね。
自分にとって1番の存在ではなく、単なる都合の良い男性。ですので、本気にならないような関係を維持するが必要ですね。
でもね、大多数の女性は一夜を共にした男性に本気になってしまうパターンは実はあります。
都合の良い男性に恋心を抱いた、そう納得する事はとてもつらいのです。
やっぱり、自覚するのは怖いけど愛してしまった…という経験をした奥さんは実に多いです。
だけれども、長年セックスするだけの関係、そう思っていた男性と堂々と付き合い始めることは意外と厳しいと感じるものです。
なんとか性欲を満たしてくれる相手が振り向いてくれるにはどうアプローチしたらいいのか、いくつか挙げてみます。

■私たち二人ってすごい相性抜群だと思うんだ~

自分たちの関わりがカップルと変わらなければ
「私たちってさぁ~かなり相性抜群だよね」「なぜ今まで付き合わなかったのか不思議と思わない?」というようにそれとなく関係性について触れてみましょう。
その彼も同じように感じていたなら「じゃ俺と付き合ってみる?」みたいな返事がもらえるかも。
気を付ける事は微笑みながらふざけあいながら言う事。この会話が重要です。

■一か八かで聞いてみよう

ズバッと「私ね、前々からあなたのこと特別な人として好きって思ってた。あたしに対してどういうふうに思っている?」と聞いてみるのです。
仮に男性がひきつった笑顔になると恋愛関係になることは期待できないでしょう。
その瞬間の彼の返答が好意的だとしたらよかったら交際してみない?というセリフを言えばかなりの確率で結果になります。
セックスを楽しいものにしたい人が持っている関わり合いのセフレと思いがちですが、それなりにお互い気が合うかの確認は不可欠です。
相性確認の確認のやり方としては盛りだくさんに聞かれていますが、ラクちんな方法は、メールが主体となるものでしょう。
メールを交換する時のヒントは場の流れを作ることです。
セフレとして付き合いたいと思っている男性の中には、最初のメールから見るからに身体目的にセフレに誘いかけるメールを送るような人もいますが、これが失敗のもとです。
セフレサイトによく居る女性であっても、多少であれ恥じらう心を持っています。
合わせて、出会ったばかりの頃から介入してくる男性に対し、用心する心を作ってしまう女性も多々いるようですのでご注意された方がいいでしょう。
メールの交換中は、波風が立たないような一般的な流れにすることが軸になるようです。
最初の会話には日常的な話題やホットなニュース、流行っているものをあげ、少しずつ間隔を狭めていきましょう。
日に何度もメールでのやり取りを繰り返して、悪くないコミュニケーションがうまくできてから、セックスの話題に導入していきます。
そのような頃には、良好な信頼のある関係が形作ることができるはずです。
そのような雰囲気になった頃には、相手をしてくれる女の子が嫌いと言うような回答をすることはないので、思うままに話をするようにしてみてください。
セフレの知り合い作りでは、単刀直入ではない方法が最たる手っ取り早い道となります。
苦労を感じないような方法を求めようとしている時点で、セフレになってくれるような女の子はできるまでに時間がかかりすぎるでしょう。