逆援助募集 すたび

女子として生まれて「女」であると体目的の相手が欲しい…なんて想像することは男性のみならず女性でも経験済みだと思います。
ルールとして本命になりたいなどはその関係において期待しないで、寂しい時にHできる、わずらわしいことは言わない
こんな感じの性欲だけを満たしてくれる男の人。
自分にも最近まで寂しい時だけ会っていた性欲を満たしてくれる相手がいたのです。
この関係を壊すようなことは二人とも言わないので、側にいるととても満たされた。
ブルーな時、誰かに聞いてほしい時、一人で居られない時頼りになった男の人でした。
きっと都合の良い相手とは一緒に居て満足するのかもしれないですよね。
自分にとって1番の存在ではなく、完全にセフレ。なので、お互いの事情を必要以上に聞かないような間柄を維持するが重要ですよね。
けれども、大抵の女は体をゆるしたお相手に好きになってしまうケースは本当の所あります。
都合の良い男性のすべてを手に入れたいと思った、そう受け入れる事は難しいのです。
でも、感情が抑えきれず頭の中が彼の事でいっぱいになっていた…そのようなケースのガールズは実に多いです。
しかし、ずっと都合が良い関係、そう思っていた男性と堂々と恋愛を始めるということはなかなか険しい道のりだと思います。
願わくばエッチするだけの相手を自分のものにするにはどうしたらいいのかと考えてみましたよ。

■あたしたちはぴったりの相性だと思っていたんです

お二人の親密度が恋愛関係と変わらなければ
「私たち一緒に居てすごい相性抜群だよね」「なんでこれまでお付き合いしなかったんだろうね?」という感じでそれとなく関係性について触れてみましょう。
相手もそういうように思っていると「これから俺と付き合う?」という答えが返ってくるはずです。
ポイントはストレートにではなくふざけあいながら言う事。この表現を忘れないでください。

■一か八かで聞いてみましょう

直球で「私ね、ずっと前からあなたのことすごい良いなぁって感じてた。私自身をどういうふうに思う?」と聞いてみるのです。
万が一男性が微妙な面持ちな場合恋人になるには期待できません。
仮に彼の表情が好意的だったらまずはお付き合いしてみる?というセリフを言うことでほとんど良い結果に終わります。
持っているだけで楽しくなるセックスが可能な友好関係のセフレと思いがちですが、ある程度であったとしても二人の意思疎通の確認は必要であるでしょう。
フィーリングが出来ているかどうかの確認をするための方法は盛りだくさんに存在しますが、ラクちんな方法は、メールを利用してみるものでしょう。
メールを交換する時の目の付け所はきちんとした流れです。
セフレを求めている男性の中には、最初のメールを交わしたときから下心が透けて見えるほどのセフレに引き入れるメールを送信している人もいるようですが、これは好ましくありません。
セフレサイトを利用している女性であったとしても、一般女性と同じく恥じらう気持ちがあるでしょう。
その上、知り合ってすぐに介入してくる男性に対し、訝しげな気持ちを感じるという女性も多いようですので注意が必要です。
メールを交換している時は、波風が立たないような普通の会話の流れにすることが支柱となります。
第一にありふれている話題や最近知ったニュース、時代の風を読んでいるものをあげ、ちょっとずつ近づいていきましょう。
何回もメールでの会話をリピートして、文句のない意志疎通が上手くできてから、セックスをしようという話にチェンジしていきます。
そんな話ができるようになった頃には、良好な信用をしてもらえる関係が形成ができるはずです。
そんなムードを作れるようになった頃には、気になる女性が望まないような応答をすることはないので、そのままに話題として出してみてください。
セフレの知り合い作りでは、回りくどい方法の方がなによりのシンプルな道のりとなります。
手抜きでもできる方法を使おうとしているようでは、セフレの関係はできるまでに時間がかかりすぎるでしょう。